ポスティング・チラシに関する集客のノウハウや改善方法と、日々のあれこれを綴ったブログ

ポスログ
まずはネットで簡単!無料お見積り!Go!!

ポスティング会社で反響が違うのはなぜか|反響が出る業者の特徴

ポスティング会社で反響が違う

同じ時期、同じエリアに同じチラシを配っても、ポスティング会社が違えば反響数が大きく変わってくる場合があります。

 

その反響数の違いは、ポスティング会社がチラシを「本当に」配っているかどうかの違いです。

チラシを最後の1枚まで配っているポスティング会社だと反響はありますが、広告主の依頼通りにチラシを配らないポスティング会社だと反響は出ないでしょう。

 

今回は、反響が出るポスティング会社と出ないポスティング会社の違いや特徴を説明し、業者選びで役立つ内容となっています。

 

ポスティング会社で反響の違いは、配るかどうか

 

先ほども言いましたが、ポスティングで反響がでるかどうかは、きっちりとチラシを配ることです。

たったこれだけなんです。

真面目に配った分だけ、反響につながります。

 

つまり、まじめに配ってくれるポスティング会社は反響が出る会社となります。

 

チラシを捨てているポスティング会社

 

冒頭で、広告主の依頼通りにチラシを配らないポスティング会社があると言いました。

ポスティングを検討している方にとっては、聞き捨てならない内容かと思いますので、少し説明します。

 

ポスティング会社の中には広告主には分からないからという理由で、チラシを配らずに捨てている会社があるのです。

そういった会社の多くは、広告主にとって魅力的な安い料金を提示します。

 

安い料金で受注した後は、チラシを全て捨てて反響が1件も出なかった場合、本当に配っているかどうかを広告主に疑われます。そうならないようにチラシを全て捨てるのではなく、反響が出るよう最低限の枚数しか配っていないのです。

 

このようにポスティング会社の中には、非常に悪徳な会社も居るので注意が必要です。

 

悪徳なポスティング会社の実態について、さらに詳しく知りたい場合はこちらの2記事を参照ください。

 

ポスティング会社は安さだけで選んではいけない理由

初めてのポスティングで失敗しないための業者選び

 

ポスティングで反響を出すために

 

ポスティングで反響を出すには、チラシをしっかりと配ってくれるポスティング会社でないと結果がでませんが、ポスティング以前に以下の2つが必要条件になります。

 

・商品力、サービス力がある

・チラシ内容が良い

 

商品力、サービス力がある

商圏内の全ての住宅にチラシを配っても、そもそも商品やサービスに魅力が無ければ反響につながることはありません。

 

チラシを手に取った人が、その商品やサービスを欲しいと思わない限り購入されることはありません。これはどんな業種や業態でも同じです。

 

今の時代、消費者の購買プロセスとして複数の商品を比較した上で購入を決めることが当たり前になってきています。

ですから、反響を出すには競合の商品と比較しても見劣りすることのない、独自の強みや差別化ポイントをしっかりと持っていることが前提となります。

 

ポスティングをする前に、自社の商品やサービスの強みや差別化ポイントを改めて見つめ直すことが必要です。

 

もし、競合に比べて商品やサービスの内容が見劣りするようであれば、競合に勝てるだけの差別化ポイントをしっかりと作り上げることから始めましょう。

 

チラシの内容がいいのは当たり前

ポスティングとチラシと反響

商品やサービスに差別化ポイントがあれば、次はチラシの内容です。

 

商品やサービスが競合に比べても見劣りせず魅力的だったとしても、チラシを手に取った人にその魅力が伝わらなければ、差別化ポイントが無いに等しいです。

 

チラシの内容やデザインが商品の魅力を十分に表現できばければ、反響を出すことは難しいでしょう。

 

ポストからチラシを手に取った人が、その商品やサービスを必要かどうか判断するのに1秒もかからないと言われています。

その僅かな時間内に、商品やサービスが何であるかを理解してもらう必要があります。

 

そのためには、チラシに見やすいデザインと魅力的な写真やキャッチコピーは必須です。

と同時に、チラシをじっくり読んでもらうために分かりやすい構成やデザインも必須といえるでしょう。

 

チラシデザインや内容について、さらに詳しく知りたい場合はこちらの記事を参照ください。

 

チラシのポスティングで効果を出す方法|反響が増えるコツを解説

 

このようにポスティングで反響を出すには、商品やサービスは元より、チラシも魅力的でなければいけません。

 

ポスティング会社で配るテクニックに違いはない

 

チラシをしっかり配さえすれば反響は出ると言いましたが、それ以外に反響に影響を与える要因はあるのでしょうか。

例えば、ポスティング会社でチラシ配布におけるテクニックの違いで反響に差が出るのでしょうか。

 

ポスティング会社によって、チラシを配るテクニックに差はあります。

しかし、それが反響に大きく影響するとは言いにくいでしょう。

 

大きな影響はないと言いましたが、大事なことなのでチラシ配布のテクニックについて少し触れておきます。

 

チラシを上にして投函する

 

テクニックの1つ目は、チラシを上にしてポストに投函する、です。

 

チラシを上にして配るなんて、誰もが当たり前と思いますし、どのポスティング会社でも基本として実施していることなので、テクニックというほどのことではないかもしれません。

 

しかし、配布スタッフの管理が行き届いていないポスティング会社では、この基本を忠実に守れていない場合もあります。

 

チラシを上にして投函することで、住人がポストからチラシを取り出したときに、チラシの内容が目に留まる確率が高まり、反響につながる可能性を上げてくれます。

 

ポストからチラシをはみ出さない

ポスティングでチラシをポストに入れる

2つ目のテクニックは、ポストからチラシをはみ出さない、です。こちらも基本的なことです。

 

ポストからチラシがはみ出たままでは、風が吹けば飛んでいきますし、雨や雪が降ればチラシは濡れてしまって、住人に内容を見てもらう前に捨てられる可能性が高くなります。

 

チラシを無駄にしないためにも、チラシをポストに入れきることは大事になります。

 

また、チラシがはみ出たままのポストは美観的にも周囲に与える印象は良くないので、広告主や住人のことをしっかりと考えているポスティング会社はチラシをはみ出したままにすることはありません。

 

雨や雪でチラシを濡らさない

 

最後のテクニックになります。

 

移動時やポスト投函時に雨や雪でチラシを濡らしてしまうと、チラシが使い物にならなくなります。

本来はポストに届けられるべきチラシですが、濡れ方が酷いと破棄の対象となり、配布できる絶対数が少なくなりますので、それだけで反響数に影響します。

 

そして、濡れたままチラシを投函しても、濡れたチラシを手に取った人は一切見ること無くチラシを捨ててしまうので反響につながる可能性を下げてしまいます。

 

また、濡れたチラシを投函して他の郵便物や新聞などを濡らしてしまうと、クレームにつながりかねません。

 

雨や雪でチラシを濡らさずに投函することは、ポスティング会社にとって当たり前のテクニックです。

 

ここまで、ポスティング会社の配布テクニックについて説明しましたが、前述したようにテクニックは反響に大きく影響するものではありません。

 

反響に大きく影響を与えるものは、ポスティング会社の品質管理になりますが、次から品質管理について説明していきます。

 

品質管理の違いがポスティング会社の反響の違い

 

最初にポスティングで反響を出すには、きっちりとチラシを配ることと言いました。

 

反響を出すにはチラシを捨てている会社は論外ですが、きっちり配っている会社でも反響が出やすい会社と出にくい会社がありますが、その違いは何でしょうか。

 

チラシをきっちりと配っている会社の中でも反響が出やすいポスティング会社が大事にしているものは品質管理になります。

 

つまり、ポスティング会社にとって、【品質管理の違い=反響の違い】と言っても過言ではありません。

 

ここからは、ポスティング会社の品質管理について説明します。

 

ポスティング会社の品質管理はちゃんと配るかどうか

 

ポスティング会社の品質管理とは、一言で言ってしまえば、いかに配布員がチラシを配りきるかということになります。

 

配布員も人間ですから、中には配らずにさぼったり、配っていないのに配ったと言って嘘をつく配布員もいます。

 

このような配布員のモチベーションを上げて真面目に配るように教育したり、そもそもさぼったり嘘をついてもすぐにわかる仕組みや制度を導入するのが、品質管理になります。

 

この教育や管理体制が配布品質であり、ポスティング会社で大きく異なり、最終的には反響に直結することになります。

 

ポスティング会社の管理体制や教育

 

では、品質管理が行き届いているポスティング会社は、どのような管理体制や教育を行っているのでしょうか。

 

主には、以下になります。

 

・GPSで管理

・リーダーによる管理

・仕事の意識を持たせる

・捨てる=犯罪の意識を持たせる

・仲間意識の持たせる

 

一つずつ見ていきましょう。

 

GPSで管理

ポスティングをGPSで管理

まず、配布員が配っているかさぼっているかの行動を管理する上で最もポピュラーなのが、GPSでの管理になります。

 

GPSは子供や認知症の行動履歴や浮気調査などでよく利用されています。

 

配布開始前に、配布員一人一人にGPS機能を搭載した発信器渡して、配布中はGPSを携帯させて配布させます。

 

そして、その日の配布終了後に配布員からGPS発信器を回収して、その行動履歴を確認します。

 

今のGPSの追跡データは非常に精緻に記録できます。路地一本単位の履歴も時間とともに記録されますので、さぼっていればすぐにバレてしまうため、非常に有効な管理方法といえるでしょう。

 

GPSで行動履歴を管理しているポスティング会社は多く、中には広告主にGPSの行動履歴を提出している会社もあるくらいです。

 

リーダーによる管理

ポスティング会社によって配布方法が異なるので、全ての会社に当てはまるわけではないのですが、キャラバン式や移動式を採用しているポスティング会社は、このリーダーによる管理を採用している場合が多いです。

 

ポスティング会社の配布形態の違いについて、詳しく知りたい場合はこちらの記事を参照ください。

 

ポスティングの依頼は料金だけで決めてはいけない!業者の選び方

 

ポスティングは、チラシを配る単純作業を長い時間、一人で行う孤独な仕事ですから、ふと魔が差して急にさぼりたくなるものです。

 

しかし、配布員が配るエリアにリーダーの配布員を配置することで、小まめで丁寧な管理ができますから、配布員がさぼることも簡単では無くなります。

 

配布員も、困ったことやトラブルがあった際にはリーダーに相談することができますから、前向きに仕事に向き合う意味でも大事な仕組みといえるでしょう。

 

仕事の意識を持たせる

ここからは、教育方針になります。

 

さぼる配布員は年齢の若いアルバイトが多く、社会で働いた経験が浅いため、仕事の意識が希薄と言えます。

配っているチラシには広告主が居て、そこに金銭の授受が発生しているイメージが持てないのです。

 

そのため、ポスティングの仕事をさぼることで、ポスティング会社やクライアントの迷惑になることが想像できずに安易に仕事から逃げてしまいます。

 

しかし、クライアントの存在、お金が発生していること、仕事の意識を常日頃から配布アルバイトに教育していれば、さぼる気持ちも抑えられ、真面目にチラシを配る意識が芽生えてきます。

 

当たり前のことですが、この当たり前のことができていないポスティング会社は多くあり、これがそのまま反響の差として現れてきます。

 

捨てる=犯罪の意識を持たせる

チラシを捨てる配布員は、捨てることが犯罪になると思っていないです。

また、捨ててもどうせバレないだろうとも思っています。

 

しかし、チラシを配らなかったり捨てたりすればほとんどバレますし、捨てれば以下のような罪状になる可能性があります。

 

・不法投棄

・詐欺

・業務妨害

・器物損壊

 

チラシを捨てればバレるし、バレれば犯罪になるということを口酸っぱく言って抑止力とする教育は大事です。

これらを実践できているポスティング会社では、捨てる行為が非常に少なく、反響につながりやすくなります。

 

チラシを捨てればどうなるかは、以下の記事を参照ください。

 

【逮捕・損害賠償】ポスティングのチラシを捨てたらバレる!?

 

仲間意識を持たせる

ポスティングでもクラブ活動でも何でもそうですが、仲間意識が大事です。

 

ポスティング会社の社員と配布員同士で仲間意識を持ち、コミュニケーションが活発にできているポスティング会社では、チラシを捨てるような行為は少なくなります。

 

やはり、そういった人間的な付き合いが出来ていると、仲間を裏切るようなチラシを捨てる背徳行為の抑止力となります。

 

それ以上に、仲間とともにチラシを配って目標を達成することで、達成感や充実感を味わえるような組織体制や雰囲気を醸成することが、最後の1枚までチラシを配りきる配布体制の基になりますので、反響に大きく影響します。

 

まとめ

 

ポスティングで反響が出る会社と出ない会社の違いについて説明してきました。

 

実際、チラシを捨てている会社とそうでない会社では反響は圧倒的に違ってきます。

そして、反響が出る会社は間違いなく配布の品質管理がしっかりしていて、管理体制と教育に力を入れています。

 

ポスティングで反響を出すには、会社選びが最も重要になりますので、今回の内容を踏まえて複数の会社を徹底比較してポスティング会社を選ぶようにしましょう。

| Categorised in: